商品情報

Serum Line

セラムライン
VC22セラム
12ml
Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

高濃度のピュアVCを、メソシューティカルのテクノロジーで肌深部まで浸透。見違えるほど若々しく、もっちりと弾む肌へと効率よく導きます。

※1 角質層の奥深く。

 


※ご注意※

リツビ商品はエステサロン、スパ、美容室など「サロン専売化粧品」とさせていただいており、インターネット上での販売は認めておりません。エステサロンなど正規の導入講習を受けたプロのスタッフが常駐する店頭でのカウンセリング販売のみのご提供とさせていただいております。
正規取扱店以外、インターネット上の不正流通製品に関しましては正規品であるかどうか、また商品の品質や安全性、保管状況等について保証いたしかねます。


 

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.
こんな方におすすめ
  • お肌のハリ不足、たるみを感じる方
  • くすみが気になる方
  • 潤い不足の方

正規取扱店を探す

取り扱い希望のサロン様へ

商品情報
POINT ポイント

針も機械も使わずに肌深部まで浸透する
両親媒性テクノロジー

肌は水分と油分が重なり合ったミルフィーユのような状態(ラメラ構造)になっています。そのため水溶性の美容液は油分に、油溶性の美容液は水分に阻まれてしまい、肌深部まで浸透することができません。
VC22セラムは水にも油にもなじむ両親媒性のテクノロジーによって、水分の層も油分の層も通過して、針や機械を使わずに成分を肌深部まで届けます。

※1 角質層の奥深く。

肌老化をもたらす紫外線ダメージ

肌を老化させる原因の80%が紫外線ダメージと言われており、紫外線がもたらすさまざまなダメージの1つにコラーゲン繊維の損傷があります。さらにターンオーバーの遅れなど、さまざまなダメージが蓄積し、くすみ、ハリ・弾力の低下によるシワやたるみの原因となります。

使用方法
STEP ステップ
  • 1

    セラムの浸透を高めるために、ていねいにクレンジング・洗顔します。
    洗顔後、肌に水分が残らないように乾燥したタオルなどでしっかり押し拭きしてください。

  • 2

    セラムを規定量手に取り、手のひらで肌におさえ込む感覚で顔全体になじませます。

    3〜5分間置き、浸透させる

  • 3

    化粧水、保湿クリーム等で仕上げます。

使用上の注意
1日の使用量は6滴を上限としてください。/使い始めの方、敏感肌の方は1日の使用量は2滴を上限とし、夜のみご使用ください。(肌が慣れるまでの目安…使い始めから3〜4日)/朝ご使用の場合、日焼け止めを必ずご使用ください。/肌の状態を見ながら使用量を調節してください。/詳しい使用方法については、製品に付属されている取扱説明書を必ずご確認ください。 ※ この商品はサロン専売商品です。正規取扱店の専門知識を持った販売員のカウンセリングのもとご使用ください。
Q & A
  • VC22の後に、メイクしても良いですか?
    メイクしてかまいません。ただしVC22が完全に浸透してから(5分ぐらい)にしてください。
  • どんな年齢層の方に適していますか?
    24才以上の方は、スキンケアの必要性が出てきますので、この年齢層以上の方なら、どなたでもOKです(男女とも)。 あまり若い肌には、使用する必要がありません。
全成分一覧

メチルピロリドン、アスコルビン酸、PEG-400、PG、グリセリン、ジメチルイソソルバイド

LINE UP
COLUMN
2018.06.11
夏のビタミンは、失われやすいのに摂取しにくい!!
 夏は、身体はビタミンを必要とするのに、食べ物から十分な量が摂取しにくい季節だとご存知でしたか?美肌には必要不可欠なビタミン。 ■ビタミンB3(ナイアシンアミド)は、ダメージを受け...
2018.04.09
春はシミ・リバウンド指数が高い⁉今日のシミ・リバウンド指数は?
日本気象協会(tenki.jp)が毎日の湿度、紫外線の強さから算出している ”シミ・リバウンド指数” https://tenki.jp/indexes/skin_spot/ シミの原因は、紫外線だけ...
2017.12.08
冬だからこそ、ビタミンC 肌から内から
  ●鍋などのあたたかい料理が増える冬 ビタミンCは熱に弱いため、あたたかい料理が増える冬は、野菜の量は摂っていたとしても、実は摂取しにくい栄養素です。 摂取する量が減ると、当然肌...
取扱い店検索
詳しく見る
取扱い希望のサロン様へ
詳しく見る