Ritsubi

お問い合わせ

美容コラム
サロン関係者の方々にも役立つ
美容技術や商品に関する知識など、
最新の美容情報をお届けします。

2019.06.21 紫外線対策 メソシューティカル

浴びてしまった紫外線から肌をレスキューする方法

ジメジメと暑い梅雨が終わるといよいよ夏本番。

これまでは曇りや雨の日が続いていましたが、これからは日差しが強くなり、湿度が上がって蒸し暑くなっていきます。

汗をかくことが多くなることから、日焼け止めも知らず知らずのうちに落ちてしまいやすくなります。

 

うっかりと日焼けをしてしまったという方のほか、日焼け止めなどでしっかりガードしているという方も、この後に行うケアがこれからの肌を左右します。
シミ、シワ、たるみを防ぐレスキューケアを、今のうちにマスターしておきましょう。

 

肌老化の原因になる紫外線ダメージ

 

 

紫外線の影響は日焼けだけではありません。
特に紫外線A波は徐々に肌の奥に到達し、大きなダメージを与えてしまいます。このダメージにより、皮膚にある細胞の自然治癒力の低下を招き、活性酸素の増加により肌の働きが低下します。

その結果、ターンオーバーが乱れてシミができやすくなり、弾力が失われることでシワやたるみの原因となってしまうのです。紫外線によるダメージは、日焼け、その後できてしまうシミなどの目に見える変化に加えて、気づかないうちに深いところで影響を及ぼしてしまいます。

 

肌を老化させる原因の80%は紫外線ダメージとも考えられており、「光老化」と呼ばれています。


紫外線ダメージ対策の多くは予防となりますが、浴びてしまった後のアプローチ方法である「アフターケア」が大きな役割を担います。また、常に外気にさらされている状態の「顔」は普段からのスキンケアに加えて、紫外線予防とアフターケアが特に必要となります。

 

紫外線予防とアフターケアの3つのポイント

 

ポイント1  いつものスキンケアの前に、肌をレスキューするとっておきの美容液を

B3セラムは、ビタミンのひとつであるビタミンB3に着目したセラムで、紫外線で受けた肌ダメージに対して直接働きかけます

通常、水や油分が主体のセラムでは肌の特殊な構造のせいで肌の奥まで浸透しにくくなっていますが、B3セラムは水と油の両方を浸透させる独自のテクノロジーにより、その作用をしっかりと届けることができます。

 

日焼け止めやFAセラムなどを使用して紫外線からしっかりと肌を守ることに加えて、紫外線を浴びてしまった後のケアとしてB3セラムを使用することで、日焼けによるシミやくすみ、さらにシワやたるみの防止につなげていきます。

B3セラムは、クレンジングや洗顔後すぐの清潔な肌に使用するだけで、手軽に紫外線ダメージからのレスキューが行えるところが特徴です。B3セラムを肌になじませたら3分から5分置いて浸透させて、その後はいつも行っている通常のスキンケアを行うだけ。

毎日続けるためには、使用方法が簡単なところも重要なポイントですよね。

 

ポイント2  基本のスキンケアはいつもより保湿をしっかり

紫外線を浴びてしまった肌に水分補給は欠かせません。

紫外線を浴びた後の肌は水分保持力が低下してしまうため、保水や保湿をせずに放置するとバリア機能も下がってしまいます。ターンオーバーも乱れてしまいシミの原因となるほか、シワやたるみなどの光老化が進みやすくなってしまいます。

いつも行っているスキンケアでは、水分を意識して使用する分量を多めにしたり、ローションをコットンにたっぷり浸して日焼けした部分にのせるローションパックを行うなど紫外線ダメージからのレスキューケアを行うことが大切です。紫外線を浴びてしまったと思ったら、その日の夜のスキンケアからすぐに取り入れることも重要です。

紫外線を浴びてしまった肌に水分補給は欠かせません。ダメージを受けた肌に対して、保水や保湿をせずに放置するとバリア機能が低下しやすくなってしまい、肌トラブルの元となってしまいます。

 

ポイント3  深刻な日焼けにはさらにスペシャルマスクをプラス

週に2〜3度、あるいは紫外線を浴びて日焼けをしたら集中的に毎日続けて、ブライトニング効果のあるスペシャルケアを加えるとさらにパワーアップ。

ダブル ライテニング・マスクは肌にしっかりとフィットするため、美白成分が深いところまで届きます。

FAセラムにも配合されている紫外線を吸収するフェルラ酸のほか、メラニンの生成をおさえるコウジ酸やアルブチンが配合されています。

 

マスクを肌にのせて15分から20分ほどおいて浸透させます。肌との密着度が高いのでマスクをのせたままでリラックスしたり、スマホをチェックしたり自由に過ごせるので気軽にスペシャルケアが可能です。20分以上おくことでさらなる浸透を目指してもokです。

 

スキンケアも、季節に合わせて衣替えを

日焼け止めなどで予防は行なっているけれど、紫外線を浴びてしまった後も毎日のスキンケア方法はそのまま、ということはありませんか?

暑い夏から寒い冬など気候の変化に伴う季節の移り変わりや肌の状態、さらに将来どのような肌になりたいかという目的に応じてスキンケア方法を入れ替える、「衣替え」を行うことも非常に大切です。

 

できてしまったシワ、シミ、たるみをケアするよりも、できてしまう前にケアをする先周りのケアを行うことで、お金も時間も有効に使ってみませんか?

 

紫外線ケアにオススメ!メソシューティカル化粧品

■ B3セラム
■    ダブル ライテニング・マスク

 

全国のメソシューティカル取り扱いサロンで
お買い求めいただけます

導入店の検索はこちらから

記事をシェアする

関連記事

サロンサポート

詳しく見る
  • esthe-support
  • facebook

お問い合わせ
(導入のご相談・資料請求)

オンラインお問い合わせ
オンラインお問い合わせ

03-3599-4606
【営業時間】10:00〜19:00(土・日・祝日を除く)

タップで電話をかけることができます