Ritsubi

お問い合わせ

美容コラム
サロン関係者の方々にも役立つ
美容技術や商品に関する知識など、
最新の美容情報をお届けします。

2019.07.16 アンチエイジング くすみ・しわ しみ 美白 メソシューティカル

シミを防ぎたい!今からできる予防策は?

 

 

梅雨が明けたら夏本番。

日頃から紫外線対策を意識して行っている方は多いと思いますが、さらに対策を強化して行きたい!シミを予防したい!という方に向けて、具体的なシミ予防策、シミ予防に効果的な成分などについて、ご紹介します。

正しいシミ対策を行うために、まずはシミができる原因をしっかりと理解することが重要です。

その上で、正しいスキンケアを行うことが、シミの予防につながります。

 

シミができる原因

シミにはいくつかの種類と原因がありますが、最大の原因は「日焼け」です。

人間の肌は、紫外線を浴びるとメラノサイト(色素細胞)が活発になります。シミの元になるメラニン色素を過剰に作り出し、紫外線から肌内部を守ろうとします。

過剰に作り出されたメラニンは、通常はターンオーバー(細胞の生まれ変わり)によってアカとともに排出されますが、長時間紫外線を浴び続けたり、強すぎる紫外線でメラノサイトがダメージを受けたりすると、メラニンの過剰生成が続きます。ターンオーバーが追いつかず、メラニンが蓄積して、シミができてしまいます。

 

夏や晴れの日以外も紫外線対策を

一番のシミ対策は、紫外線から肌を守ることです。季節によって照射量の差はあっても、紫外線は一年中降り注いでいます。夏や晴れの日以外も、日焼け止めを塗って紫外線対策を徹底しましょう。

 

スキンケアでシミ対策

シミの原因になるメラニンは、紫外線の照射直後から生成されてしまいます。日焼けどめにプラスして、シミ対策のスキンケアを取り入れましょう。

 

 

シミ予防に効果の高い成分・ビタミンC

ビタミンCの効果

ビタミンCには、メラニン生成抑制の効果があります。それだけでなく、コラーゲン生成を促進する効果や、高い抗酸化力も持っています。

しかし、人間はビタミンCを体内で合成することができません。必要な量を、すべて食事やスキンケアなどで外部から摂取する必要があります。

ビタミンCはメラニンの生成を抑制し、新たなシミができることを防いでくれます。

また、抗酸化作用によって肌の脂の酸化を抑え、透明感のある肌へ導いてくれます。

 

ビタミンCの安全性

ビタミンCは、多くの野菜に含まれており、昔から口やお肌から摂り続けられている効果的で実績のある成分です。アレルギーの心配も少ない安全な成分としても知られています。

また、水溶性のビタミンは、必要以上に摂取しても、尿として排出されるため、体内に蓄積されません。

医療分野でも注目されており、一部の医療機関では、尋常性白斑の治療としてビタミンCの摂取が勧められているそうです。

 

シミ対策として効果の高い食品

食生活の改善は、シミ対策として高い効果があります。体の外側のケアだけでなく、内側からもケアすることで、外と中から同時にシミ対策をすることができます。

ビタミンCはレモン・レタス、赤ピーマンなどに多く含まれます。ただし、ビタミンCは体外に排出されやすいので、こまめに摂取することがポイントです。

ビタミンCの他にも、ビタミンB2には、肌の代謝を活性化させる効果があると言われています。代謝が良くなると、シミが薄くなる効果があるとされています。ビタミンB2は、レバーなどに多く含まれています。

 

外側からもビタミンCを摂り入れよう

体の外側からも摂り入れたいビタミンCですが、使用する上でいくつかの問題点があります。

一つ目は、ビタミンCは酸化しやすく壊れやすいこと。

二つ目は、ビタミンCは水に溶けると強い刺激を肌に与えるようになること。そのため、高濃度の処方が非常に困難であること。

三つ目は、不安定なビタミンCを安定させるために、ビタミンC誘導体が使用されることが多いのですが、ビタミンC誘導体にはビタミンCのような効果はなく、皮膚の中で酵素によってビタミンCに変換されなければならないため、非常に効率が悪いこと、などがあげられます。

 

 

 

紫外線を浴びた後のケアにオススメ VC22セラムの特徴

メソシューティカル VC22セラム 12ml

高濃度のピュアVCを、メソシューティカルのテクノロジーで肌深部まで浸透。
見違えるほど若々しく、もっちりと弾む肌へと効率よく導きます。

 

 高浸透

肌は水分と油分が重なり合ったミルフィーユのような状態(ラメラ構造)になっています。そのため水溶性の美容液は油分に、油溶性の美容液は水分に阻まれてしまい、肌深部まで浸透することができません。
VC22セラムは水にも油にもなじむ両親媒性のテクノロジーによって、水分の層も油分の層も通過して、針や機械を使わずに成分を肌深部まで届けます。

※1 角質層の奥深く。

高濃度

ビタミンCは壊れやすく、水に溶かすと刺激性を伴います。VC22セラムは両親媒性の特殊な溶媒を使用することで低刺激でありながらも20%以上の高濃度を実現。

 高活性

特殊な溶媒のため、不安定なビタミンCを活性の高い状態で長期間保存することが可能に。ビタミンC誘導体ではなくピュアビタミンの配合が可能になったため、効率よく肌へとアプローチします。

 

 

記事をシェアする

関連記事

サロンサポート

詳しく見る

NEWS

ニュース一覧
  • esthe-support
  • facebook

お問い合わせ
(導入のご相談・資料請求)

オンラインお問い合わせ
オンラインお問い合わせ

03-3599-4606
【営業時間】10:00〜19:00(土・日・祝日を除く)

タップで電話をかけることができます